赤ちゃん ウォーターサーバー コスト

赤ちゃん向けにウォーターサーバーを用意したいパパママのコスト比較ランキング

赤ちゃん向けにウォーターサーバーを検討しているパパ、ママが選ぶウォーサーバーにかかるコスト・費用をランキングにしました。
1位に輝いたアルピナウォーターは1番安いだけでなく、赤ちゃんにとても適した水(純水かつ軟水)であるということがポイントのようです。

家族、ファミリー


王冠、1位アルピナウォーター

アメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムでろ過された水の純度は高く、抵抗力の弱い赤ちゃんに最適。
配達エリアが関東の他7県2府に限られるのが(愛知県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・長野県・山梨県)残念な声。



王冠、2位ハワイウォーター

最近では原発事故による放射能物質混入の影響をうけ、人気が高まっている海外産唯一のウォーターサーバー。
アルピナウォーター同様、赤ちゃんや敏感はアレルギー体質の人に指示が高くアルピナウォーターに続く人気ですが、配達エリアが関東近郊に限られています。



王冠、3位アクアセレクト

アルピナウォーター、ハワイウォーターと比べると水の純度や硬度(軟水であるかの基準)に開きはありますが、その他のウォーターサーバと比べ赤ちゃんに強すぎるミネラル分が低く、環境ホルモン対策されたウォーターボトルを採用するというナチュラル派。全国に発送してくれるもの人気のポイントのようです。


▶▶ 各社コスト比較で1番安いかつ、赤ちゃんに安心な水NO.1
アルピナウォーター 詳細へ




ウォーターサーバーのコスト比較の詳細

ではどのようにウォーターサーバーのコスト比較をしたのか、詳細を説明します。
月に発生するサーバー代に水代を加算し、年間のコストを算出しました。
算出に伴う注意事項は以下の4点になります。

注1:コスト比較に全社共通となるサーバ電気代(1,000円/月)、送料(無料)は含んでいません
注2:衛生上、サーバーのメンテナンス費を含んでいます(多くの会社では無料ですが、任意の会社もあったのでこの料金を加算) ※ただし「メンテナンスはやりません!」という方針の会社もあります(もちろん加算対象外)
注3:決められた水の本数がない会社は月1.89リットル使用することを前提に水代を算出。月に2本以上~等、水の注文本数にノルマが決まっている会社はその本数代の水代を加算しています
注4:初回無料等の特典で発生する割引金額は差し引いています(プレゼント品等、年間コストとは無関係の特典はコストに反映していません)

結果、以下の人気順となりました。算出された年間コストも参考に紹介します。


王冠、1位アルピナウォーター  26,004/年
王冠、2位ハワイウォーター   33,660/年
王冠、3位アクアセレクト38,600/年


4位 A社 29,162~49,300/年
⇒ 選べる天然水の特徴があるが、中には赤ちゃんの調乳基準(ミネラル数値)を超えてしまっている水もあり4位という結果に。

5位 B社 25,710~41,730/年
⇒日本国内のシェア率が高いのが特徴だが原水が水道水の為、放射線ヨウ素が検出されたニュースを期に人気は下降気味。
純水にコストだけ見れば1番安いプランがあるが、1位になったアルピナと300円差であればアルピナが良い!というパパ、ママの声が多数。

6位 C社 52,800/年
⇒サーバーのデザイン性が良く、都心のOLを中心に人気のあるのが特徴。ボトルは環境ホルモンを発生させにくいポリエチレンを採用し、家庭ごみに出せるワンウェイ方式は人気だが、コストはアルピナを比べると約2倍であるため最下位に…

注意マーク他社の料金プラン設定のマジックにご注意ください!
「サーバー代は頂きません!」というプランは一見、安いイメージがしますが、例えば年間契約で割引きます、定期宅配でこの価格、という会社があったり、解約時の送料は客側が払うという盲点をついた内容となっているのです。
アルピナウォーターは水の追加注文のノルマが一切なく安心です。




▶▶ 年間かかるコストを見て、安さに納得!
アルピナウォーター

アルピナウォーターは安いだけじゃなく、赤ちゃんに良いと喜ばれる理由

赤ちゃん、乳幼児

免疫力の弱い赤ちゃんには不純物が含まれていないピュアウォーター

⇒超純水とは産業分野で用いられる用語で、純度の高い水のこと。日本のウォーターサーバーで超純水を届けてくれるのはアルピナウォーターっとハワイウォーターの2社のみ!

日本で販売されている粉ミルクとの調合に適した軟水

⇒硬水はミネラル分が多く、赤ちゃんの内臓に負担に。日本のウォーターサーバはほぼ全てが「軟水」ですが、残念なことに「ミネラル」が含まれているケースが殆どなのです。

内臓の発達が未熟な赤ちゃん、下痢の原因となるミネラルが少ない水であること

※ミネラルとは水に含まれるナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム等の含有量
⇒ミネラル分は大人では美容・健康に良いといわれていますが、内蔵がまだ完全でない赤ちゃんには逆に負担になってしまうので良くありません

アレルギーの原因になる化学的浄水・殺菌法をしていない水

⇒化学的薬品を使用していない浄水・殺菌方法でろ過された水は、赤ちゃんにも優しいろ過方法。おいしさにも繋がり家族で楽しめるポイントでもあるんです。


アルピナウォーターはママに嬉しい軽量・12L容器
ママ、親子、子育て

授乳、調乳に離乳食。
赤ちゃんを見ながの育児は大忙しの中、(あ!水がなくなった…)と手をとめるママが多いと聞きます。
12Lの容器は女性1人でも持ちあげることができ、パパがないい日中にも交換が可能。
水の宅配、空になったボトルの交換時にも助かるサイズですね!





▶▶ 安いだけじゃなく、品質も確かな…アルピナウォーターの詳細はこちら